男性洗顔方法どうしてる?正しい方法おすすめ【基本のやり方はこちら!】

 

gazou

最近は、男性もかなりお肌に気を使うようになり、男性用のエステなども登場していますが、お肌を綺麗にするのは何と言っても洗顔です。

 

きちんと洗顔をしていれば、女性よりも油分が多く、比較的肌トラブルが少ない男性の肌というのは、特別なスキンケアをしなくても、充分お肌を綺麗に保つことが出来ます。でも、男性は意外に洗顔方法に対して無頓着で、いい加減に洗顔をしてしまっている方が多いようです。

 

また、男性の中には『隠れ敏感肌』の方も多いとか。

 

女性ほど丁寧にスキンケアをしないために、肌トラブルを放置していたり、知識がないため独自のやり方をしていて正しいスキンケア方法を行っておらずさらに悪化しているというのも男性に多いケースです。

 

***************************************
※どんな洗顔を使ったらいいのかわからないという方は、ニキビケア洗顔ランキングにおすすめがございますので、そちらのページも参考にしてくださいね!
ニキビ洗顔ランキング!私の口コミ体験【おすすめは?】
***************************************

 

お肌を綺麗に保つためにも、トラブルを起こさないようにするためにも、男性も正しい洗顔方法を実践する必要があります。

 

下洗い

gazou

洗顔をする時は、まずは下洗いと言うのが重要で、冷たいお水ではなく、必ずぬるま湯でお肌を温めてあげましょう。

 

冷たいお水で下洗いをしても毛穴が開きませんが、ぬるま湯で下洗いすることによって、しっかりと毛穴を開いてあげることが出来て、毛穴の奥の汚れが落としやすくなります。

 

泡立て・洗い

gazou

そして洗顔料を泡立てるのですが、男性はなかなか泡を作るのが面倒くさいようです。

 

しかし、しっかり泡を立てないでごしごしと顔をこすってしまうと、女性のお肌同様、お肌にかなりのダメージを与えてトラブルを起こしやすい肌になってしまいます。

 

また、スクラブ入りの男性用洗顔料もたくさん発売されていますが、どんな洗顔料でも、洗顔をする時はたっぷりの泡を作るのが基本です。スクラブはあくまでも汚れを落としやすくするためであって、スクラブでこすって汚れを落とすというものではありません。

 

泡をたっぷり作ったら、その泡で顔を包むようにして洗ってください。

 

すすぎ

gazou

すすぎは、下洗いの時と同じようにぬるま湯で行います。

 

男性の中にはこのすすぎをいいかげんにやってしまう人がとても多いです!!すすぎが適当だと、石鹸成分が肌にのこったままになってしまい、それは汚れとなりますので、にきびや肌荒れに繋がります。

 

顔に洗顔料が残らないように最低でも20回はすすぐようにしましょう。

 

*-*-*-*-*-*-

 

いかがでしたか?

 

ジャブジャブ洗うだけと言う人もいれば、「肌男」という言葉もあるように、すごく丁寧に洗顔している方もいるように、男性のスキンケアに関しては手のかけ方には人によって大きな差があるといわれています。

 

もしニキビやニキビ跡、毛穴の黒ずみやアブラ、たるみ・しわなど、肌トラブルがきになるようでしたら、美肌の基本となる洗顔をまず丁寧にやってみることをおすすめします!

 

もちろん洗顔の後は保湿をするように心がけましょう。

 

gazou

gazou

rank1111

b

男性の洗顔方法とは?【ニキビ・凸凹を美肌に!】関連ページ

洗う順番を再確認!
洗顔石鹸を泡立てて、さてどこから洗う?このページでは美肌を導く洗顔方法の順番や洗い方を詳しくご紹介しています。皮膚の薄い部分や皮脂量の多い箇所、同じ洗い方ではダメですよ。しっかりチェックしてみて下さい!
美肌になれる?
美肌のために一歩進んだ洗顔方法を試してみませんか?こちらでは美容面から洗顔を見直して更に手を加えて肌を美しくする方法をご紹介しております。肌の調子が悪い・くすみや毛穴が気になる方はぜひ試してみては?
肌別!選び方・洗い方
洗顔料選び迷っていませんか?こちらでは肌質を重視しての選び方と、肌に合わせた洗顔方法をご紹介しております。皮脂量や乾燥の度合いによって選ぶべきものや洗い方も違います。今のあなたの肌で確認してくださいね。
朝の洗顔方法
朝の洗顔どうしてる?水だけ?洗顔石鹸でしっかり洗う?ヒントは夜の汚れと朝の汚れは種類が違うという点、そして肌質別に考える必要があるということの2点。自分はどうすべきかこちらでチェックしてみてくださいね。
泡洗顔の方法は?
泡洗顔のやり方を詳しくご紹介!美肌を導く洗顔方法として大人気の「泡」ですが、いったいどうして泡で洗うのが良いのか、更にキメ細かな弾力ある泡の作り方なども詳しく見て行きたいと思います。